<< | 記事一覧 | >>
2019年03月31日(日) 07:59 | アフリカ, 月報 

2019年3月の袋井、浜松、可睡斎のひな飾り、「ティアードスカート」、アフリカのグレートな教師、etc

【8か月前の投稿】

3月は「静岡県」月間でした!

上旬は袋井「オカン食堂」さんで、

梅田洋品店さん(@umeda_yohinten)がシェアした投稿

下旬は浜松「鴨江アートセンター」で、

梅田洋品店さん(@umeda_yohinten)がシェアした投稿

期間限定ショップを開催したのでした。

ご来場ありがとうございます。

可睡齋のひな飾り

袋井では徳川家康公ゆかりの禅寺・可睡齋で日本最大級「32段1200体」のひな飾りを見てきました。

このほかにも吊るし雛や、竹の中に入ったお雛さまなどいろいろな種類の展示があり、みごとでした(有名なトイレの神様も見てきましたよ)。

「オンピラピラケンピラケンノウソワカ」「オンピラピラケンピラケンノウソワカ」「オンピラピラケンピラケンノウソワカ」!

4月は仙台で開催!

4月19日(金)・20日(土)・21日(日)、会場は「メリラボ」さんです

ワンピースのセミオーダーも受け付けます。

オンラインショップ

オンライン店では、今月は「ティアードスカート」や「半袖シャツ」など掲載しました。

4月はまず「カンガのバルーンスカート」をアップするつもりです。

春夏向けのものをセレクトしますので、どうぞお楽しみに♪

今月のインスタ映え?

今月のアフリカニュース

3月はアフリカ南部での洪水やサイクロンの被害、エチオピアで航空機墜落、ナイジェリアでビル崩壊、マリでの民族対立、ケニアの日本大使の不祥事による退職など…楽しいニュースはほとんど見いだせませんでした。

その中で、月収の8割を貧しい生徒に提供し、科学の全国大会への挑戦も支援しているケニアの教師が「世界最優秀教師」に選ばれて1億円獲得、というのはびっくり!

生徒を金銭支援しなくてはならないという状況は、早くなくなるといいですね。

タビチ氏の学校がある地域は、リフトバレーの半乾燥地帯に位置し、干ばつや飢饉(ききん)が頻繁に発生している。

 バーキー財団によると、学校の生徒約95%が「貧しい家庭の出身で、うち3分の1が孤児や一人親家庭の子どもであり、多くが家で食事にありつけず」、「薬物乱用や10代での妊娠、早期退学、早婚、自殺が珍しくない」という。

 一部の生徒は7キロの道のりを歩いて通学しなければらならず、雨期には通行不能になることもある。

 学校では、教師1人が抱える生徒数は58人で、生徒用のデスクトップ型パソコンは1台しかなく、インターネット環境も貧弱だが、それにもかかわらずタビチ氏は、生徒たちのために8割の授業で情報通信技術を取り入れているという。

https://www.afpbb.com/articles/-/3217917

引用した最後の一文でガーナの先生を思い出しました。

明日はエイプリルフール

先にも書きましたが、4月は19日(金)から仙台で3日間限定ショップを開催します。

ワンピースのセミオーダーの受け付けもしますので、この機会にぜひご利用くださいね。

元号は明日発表ですね。

と同時に、エイプリルフールですね。

ツイッターの「アフリカのことわざ」で、なにかジョーク投稿ができるといいのですが(いつだったか、エイプリルフールに「ア【メ】リカのことわざ」を投稿した記憶が…)。

平成最後の1ヶ月間、元気に過ごせますように。

<< | 記事一覧 | >>

梅田洋品店の梅田昌恵です。アフリカ諸国へユニークな布や雑貨を買い付けに行き、南青山の小さなアトリエでオリジナルのファッションアイテムに仕立てています。このブログではアフリカのこと、作品のこと、イベントやオンラインショップからのお知らせなどを綴ります。

上へ戻る