<< | 記事一覧 | >>
2018年09月30日(日) 16:22 | アフリカ, アフリカルチャー, 月報 

2018年9月の札幌準備、椅子展、みやげ展、アフリカニュースなど

【1年前の投稿】

今日は日曜日。

台風が来る前に帰ろうとアトリエを出たら、教会帰りのガーナの方たちと遭遇♪

気さくに撮影に応じてくださいました。ありがとうございます。

10月のPop-upショップ、11月の買い付け

10/5〜10/7の札幌3daysのあと、毎年恒例アフリカ出張(買い付け)の準備に入ります。

11月は一ヶ月間、アトリエもオンラインショップもお休みさせていただきます。

ご了承くださいますよう、よろしくお願いいたします。

9月の思い出

ブラジルの椅子展

9月はイベントがなく、基本的にアトリエにこもってたのですが、たまには都内をお出かけしました。

もう終わってしまいましたが、庭園美術館の「ブラジルの椅子展」へ行ってきました。

元々は皇族の住居ですが、現在は都立美術館。

室内はアール・デコ様式。

こちらがメイナク民族ほか17のブラジル先住民による動物をモチーフにした椅子です。

手前はサルとシカ。奥に鳥が見えます。

エイもいました。

亀です。個人的には、この抽象性は好みです。

ドキュメンタリービデオも会場で見ました。森のなかでメイナク民族の職人数人が協力して木を切り倒したあと、たんに丸太にするのではなく、その場で各人各様の椅子の形に削ってから、担いで持ち帰り、アトリエで色付けしたり貝で作った目玉をはめたりする様子が収められてました。

自分で切って、自分で彫って、自分で塗る。分業化してないのがいいなぁ、と思いました。

また、アフリカの椅子との趣向の違いを思いました。

こちらはアフリカ中南部チョクエ人の椅子。小さな人間たちがすでに座っています(笑)。

円了さんのみやげ

こちらも今日までですが、中野区立歴史民俗資料館で「円了の世界旅行とおみやげ品」にも行きました。

東洋大学の創立者・井上円了(1858-1919)さんのお宝展示。明治時代に3回も世界旅行した哲学者、そして「妖怪学者」でもある人物なので、その足跡紹介も印象的でした。

でも、世界のおみやげよりも、国内のあるものが一番インパクトあったりして…。

萬古の急須です。

今月気になったアフリカニュース

ナイジェリア北部で豪雨と洪水、タンザニアのビクトリア湖でフェリー転覆がありました。それぞれ多くの犠牲者が出てしまいました。

フェリー転覆は天災というより重量超過による「人災」だと思われます。

タンザニアでは数年前にも海で大事故があったはず。教訓とならなかったのでしょうか。

その他の気になったニュースを並べます。

アブドゥーラ・イブラヒムさんご健在

「地元の音楽家」=ジャズピアニストのアブドゥーラ・イブラヒム(別名ダラー・ブランド)さんですね。

マグフリ大統領の正体!?

掃除好き、低月給、汚職に厳しいマグフリさんですが、受刑者にも同性愛にも厳しいし、こんなことまで言う人なんですね。

潔癖だけど伝統的価値観を持つタイプの…独裁者??

美白信仰

「ロシアンホワイト」というクリーム名…。「アフリカンブラック(ブラウン)」でいいじゃない。

今週は札幌へ

先日、第一便を送りました。

10/5〜10/7の札幌3daysで並べる作品です。

築90年の古民家「鴨々堂」さんでの開催です。お待ちいたします。

胆振東部地震から3週間以上たち、余震はもうほとんどない…と聞いてたのですが、いまツイッターで検索したら、昨夕ちょっと揺れがあったようですね。

引き続きお気をつけてお過ごしください。

また、台風24号が沖縄から九州に上陸し、東京にも向かってきています。

それを追いかけるように25号も発生したとか。

しっかりと備えながら、10月を安全に過ごしましょう。

<< | 記事一覧 | >>

梅田洋品店の梅田昌恵です。アフリカ諸国へユニークな布や雑貨を買い付けに行き、南青山の小さなアトリエでオリジナルのファッションアイテムに仕立てています。このブログではアフリカのこと、作品のこと、イベントやオンラインショップからのお知らせなどを綴ります。

上へ戻る