<< | 記事一覧 | >>
2015年11月30日(月) 21:43 | アフリカ, アフリカルチャー, 月報 

2015年11月の気になったアフリカ関連ニュース(お尻フリフリ、法王訪問、トウキョーさん)

【4年前の投稿】

※本文と画像は関係ありません

今月は1月に続いてフランスのパリで痛ましい事件があり、様々なメディアが大きく報じました。

その後、フェイスブックやツイッターで「中東やアフリカでも、長年それと同じことがいくつも起きているのに、いかに報道や社会的な関心が少ないか」という嘆きや議論を散見しました。でももしかしたら、今後は欧米において、移民の人たちの需要にも応えるために欧米以外の地域の報道が増えたり、平安の祈りが捧げられるでしょうか。

今月のミュージックビデオ

個人的に、今月はケニア関連のニュースが目立った気がします。「ローマ法王の訪問」とか「首都〜貿易港の大渋滞、三日目に突入」とか(渋滞の続報が見つからないので、きっと四日目に解消されたのでしょうね)。

あと、ロシアに続いてケニアの陸上界もドーピング問題が深刻と知り、ショックです。

--という流れで、ケニアの四人組バンドのSauti Sol(サウティ・ソル=太陽のサウンド?)をご紹介。

今月アップされた「アフリカで生きて死ぬのさ」というビデオも、ロケ地ナイロビの雰囲気がいいので紹介しようと思ったのですが、やっぱり8月にUPされた↓こちらを貼ります。見事なお尻フリフリ踊り!

サビは私のスワヒリ辞書によれば、おおよそ「お尻フレフレ、ゴーゴー」と歌ってます。

この曲は私の知ってる、もっと「アフリカっぽい」サウンドのサウティ・ソルとはかなり違うと感じたのですが、これはこれでイイ感じ。

ビデオ監督はナイジェリアの方で、クラランス・ピーターズ。ナイジェリアの音楽動画を観てると、よくこの人の名前が出てきます。

なお、7月にケニアを訪れたオバマ大統領が、サウティ・ソルと一緒に踊ってる動画はこちらとなります。

ローマ法王アフリカへ

ナイロビのホンダ社のフェイスブックです。

ロイターによると、ローマ法王がケニア訪問で普通のホンダ車に乗ってパレード

国民の貧困をよそに高級車に乗る政治家にうんざりしてた市民の喝采を浴びたとのこと。でも記事中の写真はホンダではなく、トヨタの「白い法王専用車」にしか見えません。

なんだか混乱したのでちょっと調べたら、やっぱりホンダ車はパレード本番ではなく、空港からの移動で使っただけのようですよ。

本番では定番のこちらの車。

いずれにしても「高級リムジンを使わない」と決めたところは、同じ南米人のムヒカ元ウルグアイ「世界一貧しい」大統領を思い出しました。

ケニアで知り合ったマサイ人青年(親の代からのクリスチャン)から、たまにスマホにメッセージが来ます。「ローマ法王どうだった?」と訊いたら、「ケニアは祝福されたよ。すぐウガンダに行っちゃったけど」。

今日の報道では、法王は内戦(宗教間衝突)が続く中央アフリカにも降り立ち、武器を捨てなさいと呼びかけたそうです。

トウキョーさん

Tokyo Sexwale and Li Ruogu, World Economic Forum on Africa 2007

汚職が続き、腐敗したFIFA(国際サッカー連盟)ですが、次の会長選の立候補者が正式に決まってます。候補には南アフリカの実業家Tokyo Sexwaleさんもいます。

海外でも、そのユニークな名前が話題になってます。

まず、Tokyoは愛称で、空手をやってたのが由来だとか(たしかに、強そうな体型)。愛称をそのまま公的に使ってるのですね。

次にファミリーネームですが、日本では媒体によってセックスウェール、セシュワレイ、セクワレなどと表記されてます。外務省サイトでは「トウキョー・セクワレ」となっています。マンデラ財団の顧問として来日されたんですね。

何ですかこの謎の動画は。セクワリー?

セクワレ、ですね。ヴェンダ語のお名前のようですよ。

大臣の経験もある人ですが、元反アパルトヘイト運動家で、13年間投獄されてたんですね。あのネルソン・マンデラさんの仲間です。次のFIFA会長となるでしょうか?

以上、11月の気になったアフリカ関連ニュースでした。

【投稿翌朝すこし字句を修正】

<< | 記事一覧 | >>

梅田洋品店の梅田昌恵です。アフリカ諸国へユニークな布や雑貨を買い付けに行き、南青山の小さなアトリエでオリジナルのファッションアイテムに仕立てています。このブログではアフリカのこと、作品のこと、イベントやオンラインショップからのお知らせなどを綴ります。

上へ戻る