ジンバブエの「ゼンゼレ・バスケット」のご紹介

カラフルでユニークなジンバブエのカゴ、

「ゼンゼレ・バスケット」のウェブ掲載を開始しました!

「ゼンゼレ」はンデベレ語で「自立」という意味です。

ジンバブエの121の村で約350人の未亡人たちが編んでいるカゴです。

サイザル麻を使用し、高度な技術で様々にデザイン。

半月ほどかけて作られます。

まずはご覧ください♪

ゼンゼレ・バスケット

ゼンゼレ・バスケット

ゼンゼレ・バスケット

ゼンゼレ・バスケット

ゼンゼレ・バスケット

ゼンゼレ・バスケット

ゼンゼレ・バスケット

ゼンゼレ・バスケット

もちろんまだまだあります

果物や野菜をならべたり、

コスメや鍵などちょっとした小物を置くお皿としても。
ゼンゼレ・バスケット

ひも付きですので、壁に飾って模様を楽しむこともできます。

《ゼンゼレ基金》は2000年設立。

貧困に陥っている未亡人とその子どもたちのための基金です。
バスケットの売り上げは就学児童の学費にあてられます。

代表のネマパレさんには現地でたいへんお世話になりました。
お礼にジンバブエ産の醤油で「肉じゃが」を作り、味わっていただけたのもいい思い出です。

africawaii.com ゼンゼレ・バスケット